エアコンの水漏れのよくある原因

エアコンを付けていたら、ぽたぽたと水の音がして来たらどこかから水漏れしているので早めに対処してください。自分でもできることがあります。すぐに業者を呼ばないといけないと思われがちですが、業者を呼ばなくても良い可能性が高いです。まずは原因を調べて適切な対処をしてください。

エアコン

エアコンの水漏れのよくある原因

エアコンを付けていたら、ぽたぽたと水の音がして来たらどこかから水漏れしているので早めに対処してください。自分でもできることがあります。 すぐに業者を呼ばないといけないと思われがちですが、業者を呼ばなくても良い可能性が高いです。まずは原因を調べて適切な対処をしてください。

室内機から水漏れしている場合は

エアコンには室内機と室外機がありますが、室内機から水漏れしていたらドレンホースを疑ってください。家の外にある細いホースのことです。ドレンホースの中が汚れて詰まっている可能性が高いです。室内機によって室内の湿気やほこりなどを外へ出すために必要ですが、ほこりが詰まってしまったために余計な水分が外に出られなくなっています。外に出られなくなった水分が逆流して室内機から漏れています。ここは盲点になりやすい上に、ほこりがとても貯まりやすい場所なので水漏れしたら真っ先に疑ってください。どこにあるのかがわからない人もいますが室外機のすぐそばにホースの先があるでしょう。まずは室外機を見つけるとどこにあるのかがわかるはずです。

詰まり意外にも考えられる原因がある

ドレンホースの中が詰まっているだけではなく、先がどうなっているのかも確認してみてください。先が下を向いていればスムーズに水が外に出ていくので水漏れしません。しかし、先端が水に浸かっていたり地面との隙間が5mm以下だと上手く水が逃げていかなくなります。もちろん、先端が下を向いていない場合も水が出て行かなくなるので室内機から水漏れする原因になります。他にも、先の方が波打った状態になっている時も気を付けなくてはなりません。地面に波を打った状態に置かれている場合、地面に付いている部分にはほこりなどが貯まってしまい、地面から離れている部分に空気が入ってしまうので、水が流れ出なくなってしまいます。

普段見ない先端部分は危険が多い

ドレンホースの先端部分は普段からよく見るわけではないので、危険がとても多いです。どのような危険かと言うと、いつの間にか先端が地面に突き刺さってしまうことがあります。地面が土になっており、刺さっていることもないとは言い切れません。意外と長さがあるために、水たまりなどまで達してしまい、水に浸かっていたり、波打つこともあります。メーカーは設置業者に対して、エアコンを設置する際にドレンホース先端を床まで5-10cm程度離すと伝えています。これくらい余裕を持って床から離していないと外から汚れが入ることもありますし、虫が侵入するかもしれません。室内の汚れも重なってしまえば詰まってしまうので、水漏れしたらすぐに外に出て確認しましょう。

専用のグッズを使って自分で対処する

ドレン用サクションポンプ、通称ドレンポンプと言う専用のグッズがあります。これを使って汚れを取り除きましょう。ドレンホースの先端に取り付けます。そして、ハンドルを押したり引いたりすると、中に詰まっている汚れを取り除くことができます。グッズ自体はそれほど高いわけではありません。しかし、業者に頼んでしまうとかなり高額になってしまうので、自分で対処したほうが良いです。しかも、ドレンポンプは先端を変えれば台所や洗面台などの排水口の詰まりでも大活躍できます。これらもいつ詰まるのかはわかりませんから、1つ買っておくといざと言う時に役に立つかもしれません。通販でも良いですし、ホームセンターなどでも良いので探してみませんか。

自宅にある掃除機を使って対処する

ドレンポンプが手に入らなかったり、すぐに対処したい場合は家にある掃除機を使う方法もあります。そのまま使うと水を吸ってしまい故障する恐れがあるので、タオルを1枚挟んで使いましょう。すると、水を吸い込みにくくなるからです。最近は水を吸い込める掃除機もあるのでこのような掃除機の方が良いかもしれません。ただし、ドレンホース自体が劣化しており、ひび割れしていると上手く吸引できなくなってしまいます。空気を一緒に吸い込んでしまうのでこのままでは対処できません。ひび割れしている場合は、ホースの交換をしてください。ビニールテープで簡単に交換できます。せっかくですから耐久性のあるタイプに交換すると良いでしょう。

それでも水漏れが改善しない場合

汚れを取り除いたけれど、エアコンの水漏れが止まらない場合はドレンホースが逆勾配になっている可能性があります。もしかしたら、壁の中で持ち上がっているかもしれません。左出し・左後出し・左下出し配管の場合やドレンパンとドレンホース接続部分の緩みや抜けがある可能性もあります。このような場合は自分で対処しようと思ってもなかなか難しいです。壁の中となると室内側の穴のパテを外して確認しないとわからないので、この場合は業者を呼んだほうが良いでしょう。意外と逆勾配になっていることは多いので、新しくエアコンを設置してすぐに水漏れしたらこれを疑った方が良さそうです。施工業者が逆勾配に設置することもあると頭に入れておきましょう。

エアコンをよく見てみる必要がある

なかなか水漏れが改善しない場合は室内機の角度にも注目してください。傾いていると上手く水がドレンホースに流れていきません。プレフィルターが汚れている場合は設定温度よりも冷えてしまうために、結露水が多くなるために水漏れしやすくなります。熱交換器の汚れも結露が水滴になるので要注意です。エアコンのどこかが汚れていると水漏れの原因となるので、使用する前にクリーニングに頼んでおくのも良いかもしれません。自分では簡単に掃除できない場所まで分解して掃除してもらうと良いでしょう。また、ドレン水が貯まるドレパンに亀裂が入っているとそこから水漏れします。この場合は業者に頼まないといけないので、連絡して来てもらいましょう。

他にも考えられる原因はたくさんある

送風口にある風向板に冷風が当たることによって水滴が発生することもあります。この水滴が室内に落ちているかもしれません。エアコンのガス不足も疑った方が良いです。ガス不足の場合は、熱交換器に霜が付くことがあります。霜が溶けて水漏れとなることもあるので、一度エアコンを付けてしばらくしてからフィルターを外してみてください。霜が付いていたらガス不足が原因です。湿度が高い場合は氷が飛んでくることもあります。また、背面ドレパンが送風ファンの背面にあるのでこちらに汚れが溜まっていないかも確かめましょう。背面ドレパンに汚れが溜まっていると水漏れの原因となるからです。汚れが溜まることがある場所なのでここも疑ってください。 "以上のように様々な原因によりエアコンの水漏れが起こってしまいます。他にもエアコン自体が不具合を起こしている場合も十分に考えられます。あるメーカーはどれくらいの年数が経ったのかや使用条件によって水漏れを興す可能性があるからです。エアコン本体の設計ミスが考えられますので、この場合はメーカーに問い合わせるときちんと対処してもらえるでしょう。メーカーのミスですから保証期間が過ぎていたとしても無償で修理などしてもらえるはずです。

エアコンの水漏れのよくある原因まとめ

エアコンの水漏れのよくある原因まとめ

意外な原因もあるほど、エアコンの水漏れの原因はたくさんあります。自分で対処できることもありますが、自分では難しいこともあるので、まずはドレンホースを確認してください。掃除しても改善されなかった場合は業者を呼ぶことも考えた方が良いです。業者に頼むと原因や業者によっても違いますが1万円前後くらいはかかるかもしれません。だから、できる限り自分でできることをやってから業者を呼んだほうが良いでしょう。

水漏れ修理最安値に挑戦中!

【12月04日 01時09分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【12月04日 01時09分現在】
お電話、すぐに対応いたします。
おすすめの記事