マンションの水漏れは被害が大きくなるので注意が必要

マンションの専用部分に水漏れが発生してしまうと、下階の住戸に迷惑をかけてしまうことになるので水漏れの発生には注意が必要となります。マンションでの水漏れの発生は、水道管の破裂や排水のつまりなどが原因で発生することがあるので、管の老朽化には気を付ける必要があります。

マンション水漏れ

耐用年数が短い設備やその配管は更新が必要

マンションなどの建物は鉄筋コンクリート造で造られていることが多く、建物そのものの耐用年数は長くなっています。 しかし、建物内に使用されている住宅設備やその配管部分は建物よりも早く耐用年数を迎えてしまうので、必要に応じて交換が必要となります。 賃貸物件の場合には、建物に備え付けられている設備配管が原因の水漏れであれば、住んでいる借主に責任はありませんが、使い方が悪かった時などには責任が発生することになります。 マンションの上層階を借りている人は、水漏れによって、下の階の専用部分に被害が発生してしまうことがあり、他人の住戸に迷惑をかけてしまった時には補償が必要となってしまいます。 賃貸物件の場合には、契約時に敷金を支払っていることが多く、その敷金から住戸の補修代金が請求されてしまうでしょう。

お風呂の排水の詰まりが元で水漏れとなることもある

マンションの水漏れで発生頻度が多い事例としては、排水管に詰まりが起こって、お風呂の水を抜いた時に上手く流れないで、洗面所などが水浸しになってしまうことなどがあります。 鉄筋コンクリート造の建物であれば、床も鉄筋コンクリートなので、ある程度は水漏れを食い止めてくれますが、賃貸物件に多い鉄骨造や木造のマンションなどでは、水がどんどんと下の階に漏れてしまいます。 排水管の詰まりはゴミや髪の毛などがたくさん入ってしまうと発生するので、こまめに掃除をすることが重要となります。 また、排水管表面にヘドロなどが溜まってしまうと流れが悪くなり、一度にたくさんの水を流した際にあふれ出てしまう可能性があります。 お風呂の排水管からの水漏れはメンテナンス次第では防ぐことも可能です。

水道管の破裂は勢いが強いのですぐに被害が広がる

冬場の凍結などが原因で、水道管に亀裂が入ってしまい、水漏れが発生してしまうこともあります。 上水の管が破裂してしまうと、勢いよく水が噴き出して、瞬く間に室内の内装や家具、家電が水浸しになってしまいます。 マンションの場合には、すぐに被害が拡大してしまう可能性があるので、上水の管の亀裂には特に注意が必要といえます。 老朽化している配管ではちょっとしたダメージで亀裂が生じる可能性があるので、日ごろから点検をしておくと良いでしょう。 万が一水漏れが発生してしまった時に備えて、すぐに修理に来てくれる業者の連絡先などを確認しておくことも重要となります。 緊急修理に対応してくれる業者がすぐに来てくれれば被害の拡大を最小限に食い止めることができます。

マンションの水漏れは被害が大きくなるので注意が必要まとめ

マンションの水漏れは被害が大きくなるので注意が必要まとめ

一戸建て住宅と違い、マンションの場合には、水漏れ被害が発生すると他の専用住戸にも迷惑をかけてしまうことがあります。 被害の程度によっては補償が必要となるケースもあるので、マンションに住んでいる人は特に水漏れの発生には注意をしておく必要があるでしょう。 特に高層マンションの上層階では、水漏れが発生した時には下のたくさんの階に被害を与えてしまうことなります。 排水管の水漏れについては、日ごろから汚れや髪の毛などを清掃して排水管の詰まりを予防しておけば防げることが多いので、日ごろかしっかりと掃除をすることが肝心です。 マンションの建物耐用年数と比べて、住宅設備やその配管部分は早く劣化してしまうので、築年数が経過している建物の場合には、配管の更新なども検討することが必要です。 上水の水道管も経年劣化によって亀裂が入りやすくなってしまっていることも多いので、必要に応じて配水管の交換をすることが重要となります。

水漏れ修理最安値に挑戦中!

【09月26日 12時04分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【09月26日 12時04分現在】
お電話、すぐに対応いたします。
おすすめの記事