冷蔵庫が水漏れしていたら

現代社会では、冷蔵庫の存在がなくてはならない存在となっています。その食品の大事な保管庫が水漏れしていたら、早急に対処する必要があります。水漏れを放置しておくと冷蔵庫の不具合だけで留まらず、床や周りの家具などを腐らせて仕舞う危険も出てきます。まずはどこが濡れているかを確認してください。

冷蔵庫

冷蔵庫のどこから水漏れしているか

冷蔵庫から水漏れしていたら、どこから水漏れしているのか突き止めることがまず第一です。水漏れしている場所によっては、自分である程度は対処できます。庫内の霜は蒸発皿に溶かして水が溜まるのですが、これを時間が掛かるが冷蔵庫内部の水分を排水させたり、蒸発皿の水を捨てることで解決できます。前面や背後の床だけ濡れていて、冷蔵庫の中は濡れていないならば、環境の変化による水漏れであると考えられます。蒸発皿の位置は種類によって違いますが、下にある前面のカバーを外すと皿を引き出せるタイプのものや背後から取り出すもの、さらに冷蔵庫内に内蔵されているタイプもあります。蒸発皿が内蔵されている場合は排水口が必ずあるので、その栓を抜いて水を出して下さい。

水漏れが冷蔵庫内部にもある場合は

庫内にも水漏れがあるならばドアの開閉を少なくしたり、これを開けている時間をなるべく短くすれば対処できる場合があります。それに蒸発皿の水を捨てたり、扉のパッキングが劣化していなかも確認してください。扉のゴムパッキングが劣化して亀裂があったり破れていると、締まりが悪くなるために隙間から霜が付いてしまいます。内部にも水漏れしている場合、エバポレーターという蒸発器の機能以上に、ドアを開けたとき空気中に含まれる水分が冷蔵庫内部に取り込まれて霜となり、水漏れとなってしまいます。蒸発皿に溜まった水は通常コンプレッサーの熱で蒸発する位の量であるはずですが、気温の高くなる夏にドアを開けたまま作業をすると、霜取り機能が追いつかなくなるのです。

冷蔵庫内部にだけ水漏れがあるときは

冷蔵庫には排水経路のドレンホースが設置されています。水が逆流しないようにこのホースには弁がついていますが、食べ物などがこぼれて詰まってしまうことが多いとされます。このドレンホースの詰りを取り除くことで、水漏れを解消することが可能です。ドレンホースの位置は取り扱い説明書にありますので、取り外せる時は自分で詰りを掃除しましょう。冷蔵庫の種類によっては野菜室を引き出すと、その奥にドレンホースが見つけられるはずです。これを外すとゴミなどの詰りの原因となっているものを、きれいにすることができます。このホースの詰りが水漏れの原因であると、床と庫内に水で濡れています。もしもホースが取り外せない場合は、修理を依頼した方が良いでしょう。

冷蔵庫が水漏れしていたらまとめ

冷蔵庫が水漏れしていたらまとめ

たかが水漏れだからと放置してしまうと、家の建材にまで問題が発生してしまいます。自分で直せる程度の不具合ならば良いのですが、上記の対処方法を全て試しても改善しない場合もあるはずです。特に霜取り装置が壊れている可能性が高いならば、メーカーに修理を依頼しましょう。機械の部品は9年間とされているメーカーが殆どですので、修理が必要な場合は早めに頼まなければいけないでしょう。もしも10年を超えている場合は、修理部品が無い為に直すことができないといわれてしまいます。この様な場合は費用が掛かりますが、買い替えを検討するべきです。ちょっとでも庫内に原因不明の水があったり、床が水で濡れていたら、どこから水が発生しているかを確認します。機械は丁寧に使っていれば長く使うことが可能です。日頃から変な音がしていないか、床が傷んでいないかなど注意している必要もあるでしょう。毎日ドアを開け閉めするものですので、その時間やドアの閉め方にも目を配ってください。

水漏れ修理最安値に挑戦中!

【07月07日 14時39分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【07月07日 14時39分現在】
お電話、すぐに対応いたします。
おすすめの記事