シャワーの水漏れを修理する

シャワーは可動部分が多く実は水回りの中でも複雑な構造をしているだけに水漏れが発生した際には原因の切り分けが決め手となります。大きく分けて止水栓とホースに加えてシャワーヘッドの3つがありますが、それぞれの部品を構成している素材も故障の要因も異なります。

シャワー

止水栓の水漏れは自己対処が可能

止水栓の水漏れの原因にはナットの緩みとパッキンの劣化があります。 ナットの緩みだけが原因の場合はナットを増し締めすることで解決できる場合があります。 パッキンの劣化が原因の場合はホームセンターなどで数百円程度で購入すれば交換することが可能です。 まずは水の噴出を防ぐために止水栓の元栓をモンキーレンチなどで締めて完全に水を止めてから蛇口の側のナットを緩めてホースを外します。 表れた水道管の中には古くなったパッキンが入っているので、爪楊枝やマイナスの精密ドライバーを使って引っ掻くように取り出し、新品のパッキンをしっかりとはめ込んでから再びホースを接続してナットを締めます。 念のために少しずつ止水栓を開けて水漏れが解決したのを確認してから全開にして、蛇口の側も全開にしても水漏れが無ければ一連の作業は完了です。

シャワーヘッドから水漏れしている場合は意外と簡単

多くのシャワーヘッドの商品は統一された規格で互換性があり、一部の特殊な形状のタイプの場合はメーカーでオプションパーツが販売されている場合があります。 一般的なシャワーヘッドはホームセンターなどで購入でき、特殊な形状のものはメーカーから取り寄せることが可能です。 根元をぐるぐると回転させれば接合部のネジが緩んで簡単に取り外せることが可能で、新しいシャワーヘッドも逆回転させれば簡単に接続させることができます。 この際に注意が必要なのが接合部の噛み合わせで、万が一無理に捻ってしまうと部品が損傷する可能性があるだけではなくしっかりと止水ができない可能性があるため、一旦緩めてからもう一度締めなおすなどしてぴったりと合わせることが大切です。

シャワーの水漏れが発生する原因

多くの水回りと同様にパッキンの経年劣化の発生が避けられないのはもちろんのこと、一箇所に固定するのではなく手に持って頭を流したり身体を流したりと頻繁に移動させて使うことからホースや止水栓の根元などに捻りの負荷がかかりやすく、接合部が緩んだり劣化の進行がしやすい傾向にあります。 また、シャワーヘッドは誤って床に落下させてしまうことも少なくないため、一見すると問題が無いようでも実は内部にダメージを与えているケースもあり、知らず知らずのうちに水漏れの発生が近づいているのも大きな要因です。 いずれにしてもシャワーが使えなくなるのは大変不便なため、大掛かりな工事で費用も時間も大きな負担となる前に少しでも異常を感じたら早めに修理を実施したいところです。

シャワーの水漏れを修理するまとめ

シャワーの水漏れを修理するまとめ

シャワーは数多くの水回りの中でも後発の製品であることから、管の太さやネジの形状などが統一された規格の部品が提供されているなど修理やメンテナンスがしやすい工夫がされた構造になっており、かなりの部分は個人による対処が可能です。 シャワーヘッドはDIY向けの商品も多数販売されており、特に水漏れの修理が目的ではなくても水を節約できるタイプや、やわらかい泡を発生させて癒し効果のあるタイプ、浄水機能が付いたタイプなど手軽に交換できる手段があるのも、修理が簡単となっている大きな要因です。 しかし、ホームセンターなどで気軽に購入できる部品やレンチでネジを締める程度の修理で済むならば全く問題ありませんが、それだけでは済まないような大掛かりな工事が必要となるケースやピンポイントで原因を究明できなかった場合には、プロのノウハウを持ったメーカーのカスタマーセンターや修理専門業者に依頼するのが無難です。 また、日頃からシャワーヘッドを引っ張ってホースの接合部に無理を掛けていないか意識しながら使用することも大切です。

水漏れ修理最安値に挑戦中!

【07月07日 14時58分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【07月07日 14時58分現在】
お電話、すぐに対応いたします。
おすすめの記事