水漏れが起こるものは家の中では様々なありますが、その一つが洗濯機です。脱衣所においてあることも多いので、原因と対処法を把握しておくことが大切になります。洗濯機から水漏れが起こると、家の中が水浸しになる可能性もあります。それを早く見つけて対処するためにも、しっかりと理解しておきましょう。

洗濯ホース

大まかに原因個所は四つになります

洗濯機からの水漏れの原因は主に四つあり、蛇口が原因のものにニップルが原因のものそして給水ホースまたは排水ホースに分けることができます。それぞれで細かくさらに分別することができるので、それぞれで把握しておくことが重要です。またどれが直接作用しているのかわからない場合には、基本となる部品を交換することも選択肢の一つです。それをしっかりと理解するために、それぞれがどのような水漏れの仕方をするのか把握しておきましょう。そうすることにより自分で修理することも、できるようになります。修理を依頼すると多くの費用が掛かってしまうので、自分で直せるようにしておくことも大事です。きちんと覚えて、いつでも直せるように準備しておくことが大切です。

蛇口からの漏れはパッキンが劣化しています

蛇口のハンドルの下のナットや吐水口の根本のナット部から水漏れが起こる場合は、パッキンが劣化していることが多いです。ぽたぽたと垂れたりじんわりと滲んでいる場合には、このようなことが原因です。そのため内部のパッキンなどを交換することで、自分でも直すことができます。経年劣化によって漏れることになるので、十年ほどを目安に交換することが大切です。交換用のパッキンはホームセンターで売っているので、大きさなどを把握したうえで購入するようにしましょう。交換の際には元栓を閉めないと大変なことになるので、その点だけしっかりと抑えておくことが大事です。後は工具さえあれば割と簡単に、修理は可能です。しかしそれでも直らない場合は、業者に依頼することになります。

ニップルからの水漏れが原因の場合

ニップルとは万能ホーム水栓に取り付けるのが一般的と言われており、多くの場合は四つのねじがついています。仕組みとしては四つのねじで蛇口と固定するように取り付けパッキンで水漏れを防ぎますが、非常に不安定な仕組みです。そのためプロが設置しても水漏れは起きやすく、パッキンの劣化やねじのゆるみなどでも蛇口から離れやすいため、簡単に漏れやすいものでもあります。ニップルを使うのであれば新しいのに交換したり、蛇口も傷がないものに変更するすることが大切です。しかしそれでも漏れてしまう場合は、蛇口をニップルを必要としないものに変えることも選択肢の一つです。そのようなことも考えに入れておくことが、大切になります。

ニップルと給水ホースの接続部から漏れる場合

これはニップルの接続が問題なわけではなく、給水ホースについているパッキンが劣化していたり異物が挟まっていることにより起こります。新たに引っ越しをしたときなどに見られることが多く、簡単に対処できるので気を付けてみておくことが大切です。パッキンが原因であれば新しいものに交換をして、異物が原因であればそれを取り除くようにしましょう。そのためには接続する前にホース側を洗ったりそれぞれの接続部をふき取ったりして、きれいにしておくことが重要です。そうすることにより簡単に対処することができるので、設置する前に軽く行っておくことが大事です。少しだからといってもそれが蓄積されることで量も多くなるので、しっかりと直しておくことが必要になります。

洗濯機と給水ホースの間から漏れるとき

洗濯機と給水ホースから漏れることもあり、その場合は接続したときのかみ合わせがあっていない場合になります。それほど多いことではありませんが、ずれてはめてしまった場合には水漏れとなってしまいます。漏れるときはぽたぽたと垂れるのではなく、そこから噴き出してくる感じになるので気を付けなければいけません。場合によっては周辺が水浸しになるので、水を出すときは少量ずつ出すなどの工夫も必要です。そうすることで、被害を少なくすることが可能です。通常つなぐときにはスムーズに回るので、そこで閉めにくい場合はうまくかみ合っていないといえます。その際は一回外してもう一度閉めなおすことも、有効的な方法だと覚えておきましょう。

排水ホースから水漏れしているときは

よくあることの一つに、排水ホースから水漏れしていることがあります。これは経年劣化などで穴がありたり、避けたりしていることが原因の多くを占めます。また洗濯機が踏んでいたという場合も穴が開いたりする原因なので、設置するときはつぶしていないか注意が必要です。排水ホースは消耗品であるので、一定年数で買い替えることも重要です。すぐに劣化するものではありませんが、設置場所によっては劣化しやすくなるので早めに交換するのがおすすめになります。目安としては3から4年ごとに交換することで、余裕をもって使うことができます。触ったときにボロボロになっていると手遅れなので、そうなる前に余裕をもって交換しましょう。

延長ホースや排水エルボの間から水漏れ

排水口まで距離があり延長ホースを接続して使っていることもあり、そのよう場合はつなぎ目から水漏れしていることも多いです。サイズが合っていないと水漏れの原因になるほか、結束バンドが緩んでいた李することでも漏れることになります。これを防ぐためにはしっかりとサイズがあっているか確認してから使うことが必要で、購入時に気をつけなければいけません。また排水エルボとのつなぎ目も同じで、大きさがあっていないことが理由です。隙間があったりするとそこから水が漏れてしまうので、接続するときは隙間の確認も必要です。もしもスカスカだったりすると簡単に水漏れしてしまうので、洗濯機を使う前によく確認をしておきましょう。

排水エルボと排水溝からの水漏れ

排水口が床から直接つけられている場合は、ねじ式の排水エルボを取り付ける形となっています。そのため排水口にねじで取り付けるのですが、そこでうまくかみ合わせながら取り付けていないと間から水漏れしてしまいます。漏れがないようにするためにも、しっかりとかみ合わせて閉めるようにしましょう。またこれ以外にも洗濯機の根本のホースから水漏れをしていることがあり、それはとても厄介なものになります。洗濯機の根本なので普通にしていては確認することも難しいものがあり、自分で直すことはあきらめた方が無難です。ここから水漏れしてしまっている場合は、業者に依頼するか買い替えた方が簡単に解消することができるので選択肢に入れておくことが大切です。 "洗濯機の水漏れは常に蛇口を開けている場所でもあるので、起こってしまうと大変です。そのためまずはどこで起きたのか把握してから、修理をしていくことが重要です。簡単な箇所であれば自分で修理することもできるので、ホームセンターなどで部品を購入してくることも選択肢に入れておくことが大切になります。その時は場所によっては工具も必要なので、使用する工具もそろえておくことが重要です。

洗濯機の水漏れがホースの場合の対処法まとめ

洗濯機の水漏れがホースの場合の対処法まとめ

修理をする場合は元栓を閉めることも重要なポイントの一つであり、そうしないと水浸しになる恐れもあるので注意しなければいけません。修理が終わった後はゆっくりと水を出すことで、万が一の際の被害を少なくすることができます。自分で直すことが難しい場合は、業者に依頼して直してもらうことの選択肢の一つです。洗濯機が使えないと服などを洗えないので、家事が大変になります。そのようなことを解消するためにも、水漏れが起こった場合はすぐに直すようにしましょう。

水漏れ修理最安値に挑戦中!

【12月04日 02時43分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【12月04日 02時43分現在】
お電話、すぐに対応いたします。
おすすめの記事